お問い合わせ

三洋テクノス株式会社

TOPICS
お知らせ

技術情報

ポンプ豆知識:基礎編③チューブ式ローラーポンプの良い点・悪い点

基礎編③は、チューブ式ポンプをご使用いただく上で、よりポンプの事を知っていただこうと、ポンプの良い点、悪い点をお伝えいたします。

1:チューブ式ローラーポンプの特長

 ・液体(気体)はチューブ内を通るのみ。

  液体(気体)が触れる箇所が限定されるので、ポンプ本体に及ぼす影響は
  限りなく少ない。

 ・作業(生産)終了後のメンテナンスが容易。

  作業終了後、チューブ交換又はチューブ内を洗浄するのみでメンテナンスができ、
  他ポンプに比べ大幅に作業コスト削減が可能。

 ・チューブ交換のみで多種多様な液体が送れる

  食品液、化粧品液、医薬品液、溶剤、油、酸/アルカリ・・・等、流動性があり、
  チューブに耐性があれば何でも送れる。

 ・粒子入りでも、エアー入りでも送れる。

  スラリー(粒子が入った混濁液)やエアーの混入があっても送ることが出来る。

 ・自吸式

  チューブ吸入側を液体に入れるだけで、吸い込みする。

 ・業種を選ばない。

  分析、研究、バイオ、食品、医療・・・可能性は無限大∞です。


2:チューブ式ローラーポンプの弱点
 ・粘度の高いものは得意としない。
  高粘性液は、吸い込み不良や吐出圧力増加によるチューブ早期破損、
  過負荷によるポンプ停止等、不具合を引き起こす要因となり、
  高粘性液を送る場合には注意が必要です。

 ・万能なチューブがない。
  耐久性と耐溶剤性を備えたチューブがあれば、ポンプ屋として苦労は
  しないのですが、残念ながら現状はその様なチューブはありません。
  液種や粘度、使用環境等を勘案しながらチューブを選定する必要があります。

三洋貿易が販売した科学機器・メンテナンスのことは
カスタマーサポート部 お問い合わせ

048-865-8121

メールでのお問い合わせ
こちら

ローラーポンプ(チューブ式ポンプ)のことは
ポンプ事業部 お問い合わせ

048-262-5000

メールでのお問い合わせ
こちら